綜建社
フ レ ア 継 手
本継手は、端部を90°につば出し加工(フレア加工)した継手であり、つば出し加工部を
突き合わせた間にパッキンを挟み、鋼製管フランジとボルト・ナットで接合する構造をしています。
ラップジョイント単体または加工管で承ります。
ラップジョイント単体
ラップジョイントのみの状態です。
フランジの有無選択できます。
フレア加工管
フレア加工を指定寸法にて承ります。
 JIS G 3452 配管用炭素鋼鋼管 SGP
 JIS G 3454 圧力配管用炭素鋼鋼管 STPG370
フレア接続は溶接スパッタ・ネジ切による
シール材や切削油とは無縁の清潔かつ
迅速な施工が可能です。
また、ルーズフランジで接続するので
施工配管の固定が安定するのも
大きな利点です。
平成26年7月31日、一般財団法人 日本消防設備安全センターによる型式認定を取得致しました。
商品の詳しい仕様は
»こちら

商品のお問合せは
»こちら
    個人情報保護ポリシー Copyright© 2009 soukensha.co.,LTD. All Rights Reserved.